通信障害で困らない!安くお得に使える副回線用SIMおすすめ3選

スマホ
本記事はアフェリエイト広告を利用しています。

最近、大手キャリアの通信障害が発生しています。

通信障害の際に、メイン回線が使えなくなると、仕事や日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

そのため、2023年には大手キャリアが副回線プランを発表しました。

副回線プランとは、主回線のサービス提供元のキャリアとは別のキャリアの通信を利用できるオプションです。

キャリア副回線プランオプションの料金は大体450円弱です。

キャリアで契約するメリットとしては、「現在のキャリアのオプションを追加するだけなので契約が楽」という事です。

逆にデメリットとしては、「通信容量0.5G」、「通信速度最大300kbps」という事です。

また、キャリア以外ではこのオプションはありません
※一部サブブランド除く

せっかく副回線を契約するなら、安くお得に使えるSIMを選びませんか?

さらに、副回線を使用したデュアルSIMにすると、電話番号が2つになるので、LINEの複数運用やNMPによる機種代金割引時に副回線を利用すれば、主回線の契約変更をしなくて済むというメリットもあります。

この記事を最後まで読めば、お得に通信障害時の防御力が上がり、尚且つLINEの複数運用、NMP用の回線という副産物も手に入りますので、最後までご覧ください。

↑↑デュアルSIMのメリット・デメリットを解説しているので、
読めばさらにレベルアップ!!

↑↑通信障害以外にお得なデュアルSIMの組み合わせを解説しているので、
読めばさらにレベルアップ!!

結論

おすすめの副回線用SIMは

  • 日本通信SIM 合理的シンプル290プラン (docomo回線)
  • povo (au回線)
  • HISモバイル 自由自在290プラン (docomo回線)

です。

それぞれ個性がありますが、キャリアの副回線プランよりお得に使用できます。

※通信障害に備える為には、主回線とは別のキャリア回線を選択するようにしましょう!!

日本通信SIM 合理的シンプル290プラン

特徴:1Gプランとしては、シンプルに安い!!

画像引用:日本通信SIM

日本通信SIMは、月額料金が安く、データ容量も十分に使えることで人気の格安SIMです。

その中でも、合理的シンプル290プランは、月額料金290円で1GBのデータ容量が使えるプランです。

音声通話SIMで、この値段、このデータ容量はシンプルにすごいと思います。

データ容量はキャリア副回線プランの倍

1GBまでなら通常の速度で使用できます。

さらにこのデータ容量があるなら、副回線だけでなく、子供や高齢者の連絡用としても十分使えます。

また、通話オプションも付けられるので、1GB+かけ放題にしたりとバリエーションも豊富に設定できます。

※日本通信SIMはdocomo回線なので、主回線がau回線、ソフトバンク回線、楽天モバイル回線の方に最適です。

povo

特徴:トッピング、ギガ活でお得に使える!!

画像引用:povo

言わずと知れたauのサブブランド

サブブランドだけあって通信品質は格安SIMより良好です。

0円のままだと128kbpsしか出ませんが、主回線が通信障害になった時に、トッピングで容量を買えばかなり安く副回線として運用できます。

※注意しないといけないのは、180日間有料トッピング購入が無い場合、利用停止、契約解除になるので気を付けましょう!!

おすすめの運用としては、5分間かけ放題をトッピングして、通信障害時のみデータ容量を買う方法です。

上記の運用なら、利用停止、契約解除にもなりません。

しかも、ローソンなどでギガ活をすればデータ容量ももらえるので非常にお得です。

※povoはau回線なので、主回線がdocomo回線、ソフトバンク回線の方に最適です。

楽天モバイルはau回線とローミング契約しているので、楽天モバイルの電波を常に拾えている方でないと回線が被り通信障害時の副回線にはなりません。

HISモバイル 自由自在290プラン

特徴:データ容量に注意!通話料はお得!!

画像引用:HISモバイル

HISモバイルは、旅行会社大手のH.I.S.が提供する格安SIMです。

音声通話回線が290円で持てるのは、日本通信SIMと同様ですが、注意が必要です。

それは、100MB未満は290円ですが、100MB~1Gは550円になることです。

HISモバイルの上限設定では100MB未満設定ができないので、各スマホの上限設定を利用するもしくは、HISモバイルのモバイルデータを使用しないようにする必要があります。

しかし、他にはない魅力として、通話料が30秒9円ということです。

これは他の回線の半分以下です。

通話をほどんど使わないけど、急遽通話しないといけない時には助かります。

※デュアルSIMスマホでは、モバイルデータは使用しなくても、通話は副回線メインで使用するような設定もあるので安心です。

また、7GBまでは月額990円とデータ容量業界最安値級なので主回線としても魅力です。

※HISモバイルはdocomo回線なので、主回線がau回線、ソフトバンク回線、楽天モバイル回線の方に最適です。

まとめ

本記事では、通信障害時に備えた、安く、お得に使える副回線用SIMを3つ紹介しました。

最近はデュアルSIMスマホも多くなり、副回線の利用も普及してくると考えています。

そうでなければ、デュアルSIMスマホをメーカーも作らないと思いますので!!

副回線には、通信障害以外にも各通信事業者の契約者特典を2つ受けられるという使い方もあります。

通信障害、契約者特典の複数取得、MNP用のサブ回線と色々な用途があります。

あなたにあった副回線を見つけて、通信障害時の防御力アップに役立てて下さい。

error: 右クリックは使用できません。
タイトルとURLをコピーしました